ふつうのblog

NEWSファンのひとりごと

EPCOTIA Part1

こんばんは。
RINGのかとうさんの定期を始めて5回で
心折れ、書くのをやめてしまいました…(笑)
いやあ、続かないねー本当に続けるの苦手ね私。


そんな中でEROTICAがリリースされましたので
去年同様一通り聴いた感想をだらだらといこうかな。
もう既にシゲさんがクラウドでライナーノーツを更新されましたので、それは読まなかったことにして、
昨日聴きながら一曲一曲感じたことをメモしたのでひたすら綴ります(笑)


まず、聴く前からわくわくが止まらなくてね
超楽しみにしてたの、発売まであと何日って数えながら。
しかもラジオで何曲かかけてくださってそれ聴く度に期待度が高まるばかりでこりゃ大作だ!!って手に入れる前から確信したもんね…。


さて、いってみよう!!

・EPCOTIA SAFETY GUIDE -INTER-

昨年同様、世界へ入り込むためのねこのINTER
初回盤に入ってるSAFETY GUIDEそのものよ。
やっぱり音声だけ聴くのと、映像と合わせて聴くのではだいぶ印象変わってくるよね…。

コンサート会場は機内という設定なのだろうと勝手に思い込んでるから、始まる前とかモニターに映されるのかなあって思ったり。

あと無重力対応バンドとか、エアークッションとかさ
グッズに何かしら関係あるのかなとも思ったりした。



・EPCOTIA

初めて聴いたのはラジオだったけど、
サビの壮大感がすごいなと思ったのが第一印象。
1番のサビまでが、地球から宇宙へ向けて飛び立っていて
サビで軌道に乗る、2番で宇宙空間を飛行中
みたいなイメージが私の頭の中にあって…。

とにもかくにも宇宙への旅の幕開けにぴったり!!!!
とにもかくにもかっこよい曲だよ!!!!
とにもかくにも早くへーいて言いたいよ!!!!

個人的にはコヤシゲのキーがさがるところ大好き。
音楽には詳しくないのでなんと言うかわからないけど、わかるでしょ?察してくれるでしょ?



・KINGDOM

昨年のベストアーティストで披露されてから、いつこの楽曲は盤になるのだろうかとずーっと思っていたよ。
CWCのテーマソングは、シングルカットされないイメージあったからLPSのタイミングでC/Wとして収録されると思い込んでたし、まだかまだかとようやくEPCOTIAに収録!!

正直に言うと初めて聴いた時の印象は
めっちゃ好き!!良い曲!!って感じではなくて、歌うのすごい難しそうだなあ…と単に思ったんだよ。
CD音源で聴いてみて、印象が変わったねー。

サビ前までは音数が少なく、綺麗なピアノの音だけ流れていく感じが、サッカーで例えるならば舞台に立つまでの一人でひたすら練習している辛い時期で、
サビに入るとぶわっと音をかき集めて巻き込んで一気に駆け抜ける疾走感ある感じが、舞台に立ってプレーをしている最中なのかなあと勝手にイメージしながら聴いているよ…うん。

そして歴代のCWCのテーマソングのね、パーツが散りばめられている感じ好き!!
SEVEN COLORSを「ナナイロノマホウ」と読ませたヒロイズムさん天才!!!!
OneもAnthemもSEVEN COLORSもシゲさんが歌っているのよね…そこがまたご贔屓としては嬉しいところであります。



・TWINKLE STAR

うーん、好きだよね、うん、好きだよ。
イントロからもうすでに好きなんだもん。

第一印象は、
とてつもなく広い空間に、宇宙空間?にぱーんと歌声だけが響いてる感じしたんだよな。
澄んだ歌声だけが聞こえてくるようなさ。
あのーミルククラウンてあるじゃないですか、ぴちょんて滴が落ちたときの、あんなイメージ。

綺麗な目をしてたね
ってシゲさんに歌われ始まりますけど、そっくりそのままお返ししたいよわたしは。
シゲさんこそ綺麗な目をしてるよ、鏡で見てごらんて(笑)

その上記の歌詞もそうだけど、
宛名のない文を書く、とか返事のない文を待つとか
歌詞のセンスがもうどストライクなんだよなあ。
ヒロイズムさんやっぱり天才!!!!

切ない歌だよね…。
勝手に彼女はもうこの世にはいなくなってしまったのか、はたまたもしくはこの地球(ほし)ではない彼女に恋をしてしまったのか。
と思っていて、すかすかな私の頭の中ではその2つしか浮かんでこなかったわ。
他にもきっと色んな解釈があるのだろうねぇ。

てごしさんソロのTwinkle Starの部分いいよね。
切なさがとてもよく歌声に出ている気がする。



・ワープ中 -INTER-

色んな音が次から次へと流れてきて、まさにワープしてるぽいよね。
ケプラ星ってどこなんだろうね??
何かから引っ張ってきてるのかな?
そのあたり全然無知なもので何がなんだかさっぱり。

なので今ケプラ星をGoogle先生に聞いてみたところ
アメリカのNASAが発見した、最も地球に近い惑星だそうですよ。

へえー、そうなんだ。
全然聞いたことない、全然知らなんだ。
なんか私のアホさかげんが露呈したな…(笑)



・LPS

機内音楽としてこの曲を持ってくるって良いね。
ちょっと宇宙とは離れたところにある曲だから、この発想すごいなあ、いいなあ。

LPSは初めて聴いたときから思ったことがあって、
どんな自分自身でもいいんだよって全て何もかも包み込んでくれるようなおっきい曲だなと…。
疲れたり悩んだり落ち込んだり、人生色々な事があると思うけどそんな時に聴いて包まれてまた頑張ろって思える感じよ。心の拠り所みたいなね。



恋する惑星

かわいいねーとってもかわいいねー。
EPCOTIAで唯一の甘いラブソングじゃないかい?
無重力Planet loveですよ、あまいねー。

もうこの曲のメモに関してはね、
かわいいかわいい。フレッシュ。
若い子が歌ってそう、ラップかわいい。
としか書いてなくてですね
とにもかくにもかわいらしいラブソングよ。

まだまだNEWSさんかわいらしい甘いラブソング歌えちゃうね?30代になっても全然いけちゃうね?
っていうのを改めて実感したわー。
アイドルの賞味期限はほど遠いんでねえか?



・JUMP AROUND

もうほんっとに好き。
少プレで披露したときから大好きで、EPCOTIAに収録されると知ってとてつもなく喜んだよわたし。
この歌割り考えたのますださんだよね?
コヤシゲをサビにもってきてはもらせるって本当に天才がすぎる。
プロデューサーさんもまっすーだから作ってみる?っていう提案してくださってさ、ますださんの信頼感すごくない?かっこよすぎるじゃんそんなのー。
そうして生まれたこの楽曲、盤にしてくれて本当にありがとうと感謝の気持ちを述べたい。

収録するにあたり、
ますださんラップちょっと丁寧に歌ってる気がしたんだよなあ…ひとつずつ丁寧に丁寧に、かつラップ感っていうの?テンポとか歌詞の言い回しというか歌い方とかは崩さずきれいに収まって流れていくなあと。

あとシゲさんの少ししゃがれた歌声が良いね。
この表現が正解なのかわからないけど、スモーキーな感じするの。
私の中ではこのシゲさんの歌声はスモーキーなの!!!!

いやあ、全てが素晴らしすぎて最高だよな。



・ドッキング -INTER-

昨日初めに聞いたときに
テゴマスだってぜんっぜん気づかなくて今日2回目聴いて、あああああああああ!!テゴマスやないの!!!テゴマスやないの!!!!
なんで昨日気づかなかったんじゃあって一人でうわあ…ってなったところでした。

きっとこれもワープ中同様に、コードとかなにかしら関連あるんだろうなあ…。



AVALON

第一印象はね、
すごく薄いピンクと白のあわーい空間に桜が待ってるのが思い浮かんだんだよね。
あと歌声のエフェクトのかけ方が、とてもつるんとしていてお菓子のドラジェみたいだなあっていう印象も持った(笑)
つるんとしていて、コロコロしている感じ、あの淡い色とかもそうだしね。
ドラジェご存知の方は知ってると思うけど、周りの砂糖の中身アーモンドだから、サビでぱきっとアーモンドあらわれるみたいな…。
なにいってんだろね、これ伝わらんよね(笑)

やはり、昨年のBrightestに引き続き
Takuさんが作曲されてるだけあっておしゃれよねー
音の使い方とてもおしゃれよねー。
ますださんが好きなのもとてもよくわかる。

あとご贔屓フィルターがんがんで申し訳ないのだが、
AVALONのシゲさんのソロがばつぐんに良い。
語尾のふわっとした感じがたまらなく良い。
とにもかくにもシゲソロばつぐんに良い。



・IT'S YOU

いやはや、m-floチーム天才すぎる…。
こんな簡単な言葉で表現してしまうのもどうかと思うのだけど、本当に天才。
語彙力がなくてうまく言葉にできないのだけど、曲調も歌詞も歌割りも好き。
じんわーり好きが浸透してくる感じなんだよね。

私の解釈だと、
サビは、シゲさん上、こやまさん下、テゴマスが主旋で歌ってるように聞こえるんだけど…。
シゲさんの上はも大好きだから、本当に嬉しいし、これほどまでに綺麗に上でるんだなあって感動した。誰目線なのかわからんごめんだけども。

そういう部分も含めて、総合的にというか、
色んな面からみて私個人的にはすごく好きな曲。



とりあえず今日はここまでにしておこうかな。
勢いでなぐりがきみたいにばばーっとかいてしまったので、読んでくださった方いらっしゃいましたらごく個人的な感想として流していただけたら幸いです。
後半は今週末にかけたらいいなあなんて思っております。

きっとまた追記しまくりで、
はじめに更新した文章と全然違うじゃないか
という事態になりそうだな…(笑)

では、おやすみなさい。