ふつうのblog

NEWSファンのひとりごと

役者が天職

タイトルの通り…
今年はじめの少プレで、ゲッターズさんからそう言われていたシゲさん。
まさにその言葉通りで、今年は本当に沢山お芝居の仕事が決まったよね。ここまで当たるとは思わなかった。


そんなこんなで振り返ってみようコーナー‼
わたしがファンになってからというもの
高校教師、中学教師、刑事、作曲家、看守…
と5つの役を演じてきた又今後演じるわけで
ファンになって1年あまりでこんなにも沢山シゲさんの演技が観られるなんて思わず、本当にびっくりしているし、すごく嬉しいことだよね、贅沢だなわたしって思う。


ファンになる前は、失恋ショコラティエ大使閣下の料理人でシゲさんの演技拝見しておりました…。
そう大使閣下は盤になっておらず、録画をもうひたすらに大切に取っておくしかないんだよね、消さなかった私ぐっじょぶ‼

わたしがファンになったのち、初めてみたシゲさんの演技、それが時をかける少女の矢野先生。
ファンになる前から思っていたけど、シゲさん演技うまいよなあ…って1話目からしてそのキャラクターになりきっているし掴んでるなと。それを矢野先生で感じたかな。
内容的にはもうね、ほぼざっくりとしか覚えてない(失礼だな)。
ド派手なシャツのイメージしかないからね。あとパラパラか。

ただ5話でおわってしまったのが、すごくもったいないというか残念だなあと。
もっと続きを観ていたいドラマだったからね…。


続いて2作目が、24HTVSPドラマのヨシノリ先生。
ヨシノリ先生を演じるにあたり、きっと相当な努力をしたんだろうなと当時の雑誌インタビューとか、メイキングから伝わってくるものがあった。
白杖だったり、盲導犬の訓練だったり、それに加え気持ちの面でも真っ直ぐ真摯に向き合って演じきったというかね、全力で演じたんだろうなっていうのがドラマを観ていて時々垣間見れる感じがしたよ。
色々とあって小山さんが代役を務めたこともあったしね、DVDメイキングでのコヤシゲの握手ぐっとくるものがあるから観てない方は観てほしいなあ…。

この作品を観てから日常で白杖を使っている方や盲導犬をつれている方が、よく目に入るようになったし、障害者の方々への理解がより深まったと思う…。
やっぱりドラマの影響って大きなもので、忘れずにずっと心の中に残ってたりするんだよね。


続いて年明けまして2017年。
嫌われる勇気の刑事青山くん。
これはもう1話目からかわいさやらなんやらが爆発していて一目その演技を観ただけでぐっと掴まれてしまったよね。
それが尽きることなく最終回までずっと続く。
誰もが青山くんの虜になった3ヶ月間だったんじゃないかと思うんだけど。

また内容的には、刑事物×心理学ということでそれをかけわあせるとこうなるのか⁉っていう(笑)
今までになく、すごく新鮮なドラマを観させていただいた感覚だったな。
毎回アドラーから紐解いていて勉強になることばかりだったしね、すごく濃い3ヶ月を過ごした気がするよ。
最終回なんて本当に終わってほしくなくてまじでロスってたわ、青山くんロスがひどいひどい。
なんなら今でも時々みてこじらせるほど…。
BOXにならないかなあってずっと待ってるんだけど、ならないかな…色々と難しい点はあるのかもしれないけど是非とも盤にしてほしい…。


ここからはもう未来のお話だね。
24HTVSPドラマ、都倉俊一役。
まさかのまさかで2年連続で出演なんて誰も思っていなかったでしょう‼
作曲家役…ピアノを少し弾くシーンもあるそうで、楽しみだねー亀さんとどう掛け合っていくのか。

それに加え10月からはグリーンマイル
刑務所の看守、ポールエッジコム役。
こっちは本当に全く想像できず、どこをどう切り取って舞台化されるのか本当に観るまでわからないんだろうな…。
映画を観た限りでは、ポールの真っ直ぐな姿はシゲさんにぴったりだと思ったよ。


そんなこんなで、振り返りは終わり。

少プレでは、2018年も絶好調と言われていたし、
今後役者のお仕事に限らず何のお仕事が舞い込んでくるのか、そんなことを考えわくわくしながら日々を過ごしていこうと思います‼

そうそう役者以外のお仕事といえば、作家さん。
今春発売と言われていたチュベローズは書き終えたのでしょうかね?
シゲさんが春だというのなら11月であろうと12月であろうと春なんだよ、なんなら年明けても春だから。
予定は未定だもんね、のんびり気長に待っていよう‼

以上役者が天職のお話でした。