ふつうのblog

NEWSファンのひとりごと

期待を裏切らない男。

NEVERLAND TOURが終わったのちのクラウド
「まだまだ色んなことがあるので楽しみにしていてほしい」
そう言葉を残していったシゲさん…。

その言葉を読んだとき、後々こうにもなるなんて予想だにしてなかった。
本当にその言葉の期待を裏切らなかったシゲさん。


Burn.の文庫化、TRIPPER連載、いのちのうたメインMC、主演舞台グリーンマイル、タイプライターズ、24時間TVSPドラマ…。
ここ数週間沢山嬉しいお知らせを受けた気がする。
と同時に体調は大丈夫だろうか?と思った。
仕事が沢山あるのはそれだけ沢山活躍してる姿が見られるので嬉しいにこしたことはないが、あまりにも立て続けに聞かされたもんでね。
どうかご自愛ください。としか言えないけど…。



最近シゲさんの活躍のお知らせを聞いて泣きそうになるんだ毎回。
なんでかわからないんだけど、きっと幸せだからなんだろうね…嬉しくて幸せに思うから泣きそうになるんだろうね…。
小山さんも言ってたけど、年取ると涙腺が緩くなるのよ、最近本当にぼろぼろ泣いてる。
この間泣いたのはいつかなって思ったけどあまりにも泣きすぎて覚えてないわ。



そして本日また嬉しいお知らせが…
いのちのうたで、UR not aloneとあやめを歌うと発表されたんだってね。


でも正直なところ複雑な気持ちなんだよ、私的に。
音楽の日でnot alone歌ったとき、歌ってほしくなかったなんて言えないんだけど、素直に喜べなかったんだ。
Twitterでも言ったけど、あのNEVERLANDでみたキラキラした特別な景色があったことを忘れたくなくて寂しい気がしてね…。
でもそれってただ私がいつまでも記憶にすがってるだけで、UR not aloneという曲はファンだけに向けた曲ではないと思うし、ファンだけが独占する曲でもないと思う…。
もっと沢山の方々に聴いていただいて、NEWSの魅力を知ってほしいとも思うから、きっとこういう思いが前に進もうと上に上がろうとするNEWSさんの邪魔してるのかなって思ったりもする…。


それといのちのうたに関してはシゲさんの晴れの舞台を観に行けなかった悔しさみたいなものがあるから余計に複雑に感じるのかもしれない…。
行かないと決めたのは自分なんだけど、日が近づくにつれ現状を知ってどうしても許せないところがあったからなおさらかな。


UR not aloneに関してもいのちのうたに関しても、自分勝手で、自己都合すぎる考え方を私がしていて全部全てにおいて自分が悪いんだと思ってます。
度々自分に嫌気がさすんだよね。その度に葛藤してさ、頭ではわかってるつもりなんだけど、心では気持ちに嘘はつけず真逆へ走ってしまうんだよね…。
この間もっと大人な考え方しようって決意したばっかりなのにねー。



そういう思いも含めて複雑なんだけど、
NHKという大きな局でね、アルバム曲そして自身のソロ曲を歌わせてもらえるって、そこにスポットを当ててもらえるってさ、とってもすごくてとっても嬉しいことじゃない?地上波で放送してしまおうっていう。
だから複雑だけじゃなく嬉しい気持ちもちゃんとあるんだよ。
not aloneを聴いてきっとファンになってくれる人もいるだろうし、この流れ次第ではこれからNEWSの代名詞にもなるかもしれないしね‼‼


もう収録も終わった様だけど…
この番組で残したものによりけり
シゲさんこれ出世コースかな、
紅白とか司会とか、番組持つとかあるかな、
とかいろいろと考えてしまうわけですよ。


そもそもこのいのちのうたという番組の起用理由
今までシゲさんが点として確立してきたものが繋がって線になった瞬間じゃない?
そうやってどんどん繋がっていって円環が大きくなり回りだしていくんじゃない?
シゲさんが30歳になった今、今後が楽しみでしかなくない。
それをファンとして今後も見続けていけるなんて幸せでしかなくない。


私基本人に興味がないし、人の将来にワクワクしたことなんて一度もないけど、本当にシゲさんに関しては全てにおいてワクワクするし、楽しみにでしかないから、相当加藤シゲアキという人物に興味持って惹かれてるんだと思う。



長々と書いてしまったけど、
気持ちを整理しようと書いたとこでもあったからお付き合いいただいた方おられましたらありがとうございました。

最後に…
本当に期待を裏切らなかったシゲさん。
いつまでもその活躍、側で観させてほしいな。
なんて思っています。
2017年とても充実した1年だったと言えるといいですね、とりあえず夏の暑さを乗り切れるよう応援しております。